FC2ブログ

内燃機関と電気自動車と自動車用燃料の将来を徹底的に議論した4日間(の夜遊びについて)

常吉

米自動車技術会の主催する国際会議(PFL:Powertrain, Fuel&Lubricants international meeting)に参加してきました。日本では日本自動車技術会との共催で2007年以降4年に1度京都で開かれ、私は2011年から参加を続けてきました。場所柄もあって世界中から多くの原動機関係のエンジニアが参加し、今年はCO2ゼロに向けた原動機と燃料に関する論文発表と議論が4日間徹底的に行われました。→ PFL2019

不肖私も実行委員として名を連ね、私が働いているアメリカの某研究所からは10名以上が参加し、一般講演はもちろんモデレーター、チェアマン、TW講演、昼食スポンサー、アトラクションの鏡割りなどの貢献をさせて頂きました。
PFL2019P_20190826_07574128_R.jpg

4日間の討議の結論(大勢)は、「EVのCO2削減効果は現時点ではノルウェイやフランスを除けばもちろんないよね。次回は将来の電源MIX(発電構成)について真面目に議論しなきゃね。e-fuelも。」ってなところでしょうか。要は内燃機関まだまだ頑張らなきゃってとこです。

会議風景。
PFL2019IMG_262124_R.jpg


で、歴史は夜作られる。
日曜の夜はレセプションパーティーに顔を出した後京都ホルモン花へ。ずっと気になっていた店でしたが、残念ながらやっぱり京都だ

月曜夜はパーティーをサボって鶏匠ふく井本店で鶏料理。
向かって左端はモーターファン誌等のエンジン解説でお馴染みのダウンサイジング過給とミラーサイクルの父、畑村博士。私の古くからの飲み友達でその著書のお手伝いもさせて頂いた仲です。最近は偉くなって広島大学の客員教授もされています。右端は先月知り合ったSandia国立研究所のDr. Paul Miles.彼はこの会議では大活躍でした。残り二人はウチの優秀で勤勉なDr.たち。
PFL2019IMG_251602_R.jpg
バンケットでのPaul Milesの祝辞は故神本先生(東工大)への追悼の辞。心打たれる素晴らしい挨拶でした。若い人へ向けたアドバイスも素晴らしかった。

火曜の夜もパーティーサボって木屋町のあごだし豚シャブ山福で某社エンジニアとの意見交換会。昨晩の鶏刺しは外人さんには余り受けなかったようですが、ここは大好評。いい店見つけました。
PFL2019IMG_252805_R1.jpg

バームクーヘンを与えて育てたというポーク。もちろん外人受けしますが、本当に美味しいです。値段もびっくりするほどお手頃だしプライベートにもお勧めの一軒。
PFL2019IMG_2524_R.jpg

水曜日は日本が世界に誇る計測器メーカーH社を訪ね、お昼に雄琴の老舗旅館にご招待いただきました。
PFL2019IMG_252906_R.jpg

フルコース懐石のメインは近江牛のクリスタルガラス焼き。鉄板のように焦げ付く事がないそうです。
PFL2019IMG_253508_R.jpg


夜は公式バンケット。300名以上が一堂に会する貴重な交流の場なのでこれはサボらず参加です。ディーゼルの開発でご協力を頂いた某過給機メーカーのエンジニアと18年ぶりの邂逅があって思い出話に花が咲いたり、新たな出会いがあったりあっという間の貴重で楽しい2時間でした。
PFL2019IMG_260822_R.jpg

京都のお大尽遊びを知り尽くしたH社がスポンサーなので、いちげんの客などいくらお金お積んでも顔も拝めない特上の舞子さんと芸子さんが出てきて皆を楽しませてくれました。
PFL2019IMG_2599_R.jpg


PFL2019IMG_260721_R.jpg

2次会は帝京大学の森先生や他のメーカーの方数人と慶大飯田先生を囲む会。原発から教育問題まで学生に戻って勉強させていただきました。



次回の4年後は私も70歳。仮に病気が治って生きていられたとしてももう参加することはないでしょう。そんなわけでこれまで約40年に渡った長い学会活動を振り返って感傷的な想いに浸った4日間でもありました。PFL2019の理事、実行委員の皆様本当にご苦労様でした。また会期中いろいろお話をさせて頂いたり、私の病状を気遣ってくださった皆様、ありがとうございました。



   
にほんブログ村


スポンサーサイト



Posted by常吉

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply


にほんブログ村