FC2ブログ

帯に短し襷に長し~いよいよ欧州Bカテ中古車物色開始(2)

常吉

POLO GTIにほぼ決まりかけたist後継車選びの続きです。

過大なオイル消費やスパーチャージャーの電磁クラッチ故障が気になって決めきれないでいたPOLO GTIですが、その後ネットを調べていて目にとまったのがこれです。

POLO Blue GT (L4 1.4L 可変シリンダー TC 7DCT)
BlueGT.jpg

表面上はGTIからスーパーチャージャーを外しただけのデチューンバージョンのように見えますが、実は骨格から一新したオールニューエンジンを搭載し、最高出力はGTIに対して約40psも低い140psですが最大トルクは同等の25.5kgmを500rpmも低い1500rpmから発生しています。もちろんS/CとT/Cの違いはあるのでしょうけれど、これなら低回転からのピックアップもそうそう悪くなさそうです。加えて鋳鉄からアルミに変更された軽量ブロックとスーパーチャージャーを外したことによる軽量化によってGTIを超える回頭性が期待できそうです。また可変シリンダー機構(4cyl.⇔2cly:吸排気弁休止による減筒運転)により燃費はGTIの16.6km/Lに対し21.3km/Lと3割弱も向上しているのも足車としては大きな魅力です。

もうこれで決まりかなぁ。
なんて思っていたのですが、…
なんとこのエンジン、タイミングベルトじゃないですか…。えええぇーーーー、チーン。

もうにっちもさっちもいかなくなってきたときに見てしまったのがこの車の後ろ姿でした。
Alfa_R.jpg
カッコいいー!
Bカテという縛りからは外れてしまうのですが、この後ろ姿は堪りません。

この爬虫類顔がはっきり言って好みではなかったので今まで購入対象として考えたことはありませんでした。人生最後の車はジュリアかステルビオかなどと叶わぬ夢を見てはいるのですが。
JLT_RR.jpg

Alfa Romeoという響きも堪らないし、普段あまり気にしない内装もこの車は魅力的です。何日か調べを進めていく内にこのフロントマスクも見慣れてきました。しかししかし、これまたタイミングベルト(それも4万km交換だとか?)なんですね。購入費もPOLOよりは高いし、維持費も何のかんのと掛かることを考えると普段使いのサードカーとしては贅沢過ぎます。いくら何でもそこまで自分を甘やかしてはいかんとかろうじて踏みとどまりました。

ジュリエッタが候補に入るなら安心・安定・安価のBMW1シリーズという手も必然的に浮かび上がるのですが、3台持ちではまるでBMWファンであるかのようなのでこれはちょっと選択肢には入りません。値段は十分こなれているし何よりFRだし、FAN to DRIVEな足車としては文句ないんですけれど。
116i_BMW_R.jpg


そんなこんなしている内に、VWグループのオイル消費に関するポリシーが目にとまりました。彼らはオイル交換で出た廃油を処理するよりも、意図的にオイル上がりさせて燃焼室内で少しずつ燃やし、継ぎ足し継ぎ足しで使って30,000kmになったら交換する方が環境に優しいと考えたそうです。(例えばhttp://glanze.sakura.ne.jp/car_related3.html:これをお書きになっている方は日本のエンジン燃焼・着火現象の大御所中の大御所で某ドイツカーメーカーの技術顧問も長い間務めておいでになっていた大先生。現在も多くのカーメーカーのエンジンエンジニアが燃焼の勉強のためにこのHPを訪れていますし、私も時々お会いしてお話を聞かせて頂いています。)

それが仕様であるという事ならば安心です。もちろんブルーGTよりも熱負荷が高くボアも大きいGTIは、よりオイル消費が大きいことが予想されますが、狙って設計されたものであると分かればもう怖くありません。ブルーGTのタイミングベルトに関する疑念もあのように書きましたが、実は2010年代に新開発された油中タイミングベルトの寿命は18万kmとされています。https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/article/HONSHI/20130125/262367/


と言う事で振出しに戻る。
第一候補をPOLO GTI(6R前期)、第二候補をPOLO BLUE GT(←)として網を張ることにしました。じっくり落ち着いて出物を待つので消費税増税前は無理かなぁ。



   
にほんブログ村



スポンサーサイト



Posted by常吉

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply


にほんブログ村