FC2ブログ

BMWのFF3気筒の実力チェック~ふーん、なかなかやるじゃん

常吉

BMWが1シリーズどころか3シリーズにまで搭載している1.5Lの3気筒エンジンの出来にとても興味がありました。ユーザーとしてではなく、エンジニアリング的な興味として。
「どんなによく出来た3気筒であってもヘボの4気筒にはかなわない」というのが古いエンジン屋の常識です。

今日ディーラーさんにX1の12か月点検をお願いしたら代車にFF3気筒の218i アクティブツアラーが用意されていました。
BMW 218i アクティブツアラーLuxury (FF) 
L3、1.5L、140ps/4600rpm、22.4kgm/1480-4200rpm、7DCT
218IMG_1762_R.jpg

3気筒には興味あるけど、FFですかぁ、ミニバンですかぁ…。
FFだったらBMWじゃなくてもっと魅力的なメーカーいろいろあるし、ミニバンはもう卒業だし…。というわけで今まで全く眼中になかった218iですが折角なので試乗に乗り出しました。力が入っていないので手近な奥武蔵にある二本木峠、定峰峠、白石峠、松郷峠というタイトコーナーが連続して大排気量・高出力を持て余すようなコースです。

ファミリーカーながらアグレッシブなフロントマスク。
218IMG_1767_R.jpg

郊外の平地走行ではコンフォートモード、スポーツモード共にシフトスケジュールがハイ側に寄り過ぎていて、40,50km/hクルーズではわずかな籠り音?3気筒感?がずっと気になりました。特にそこからシフトダウンしない程度の緩加速をした場合のゴロゴロ感が気になりました。ただし、エンジンや車にあまり興味のない方だったら全く気にならないレベルだと思います。

もっとも興味があった車内に伝わってくるエンジン振動はアイドルストップからの復帰を含めほとんど気にならないレベルです。時々「バランサーのお蔭で」というような表現を見かけますが、それはもちろんとして、エンジンマウントや車体側の制振技術が相当工夫されているのではないでしょうか。(調べたわけではありませんが。)

ガソリンエンジンに組み合わされるDCTは初めトルコンATかと勘違したほどスムーズでしたが、発進時にあれっ?っと違和感を感じた場面がたった1度だけありました。ここは渋滞にでも入れて再確認が必要だと思います。

ハンドルもアクセルも軽く、スポーツモードであれば運転は意外に軽快でした。コーナーではスッスと頭が入りFFを感じさせません。あれ?ってな感じ。

きつい登りのタイトコーナーが続く峠道をスポーツモードで走ってみると、私の運転技術では回転が保てず小排気量ターボの弱点が露わになってしまいました。回転さえ4,5000rpmにキープできれば十分速いのですが、いったん回転を落としてしまうとスポーツ走行は厳しい…。

タイトコーナーでもロールは少なく重い上屋を感じさせませんし相変わらず回頭性も良いのですが、残念ながらハンドルのロックトゥ―ロックが大きいために切り増しを要求される場面が何度も出ました。

もちろんそんな運転を想定した車ではないことは重々承知ですが、この車の開発ベンチマークとなったであろうオデッセイ(RB2)と比べるとそれを超える域には達していないなぁというのが元RB2オーナーとしての感想です。いい車だったなぁ。

次の峠からはスポーツモード+Sモードシフトで走ってみましたが、これじゃん!
218IMG_1770_R.jpg
ターンパイクのような高速コーナーは分かりませんが、峠道のタイトコーナーであればS2,S3で4,5000rpmがキープされて活発に走ることができました。もちろんマニュアルシフトモードなら更に問題ありません。

なので前言撤回。スポーティ運転可能です。

峠を下り、センターラインのある中高速コーナーでアンダーステアの確認をしましたが、常識的な速度ではそれを感じさせてはくれませんでした。折角のFFなのにつまらん…。
いかにBMWと言えど重い頭には大きな遠心力が働くという物理法則に逆らえる訳もないのですが、ハタと思いつきました。3気筒エンジンのメリット。そういう事だったのだと思います。

子育てが終わった我が家にとってはどうでもいいことですが、ラゲッジの様子。
218IMG_1755_R.jpg

218IMG_1754_R.jpg

フロント、2列目の足元は十分広いですが、3列目はエマージェンシー。RB2の3列目よりさらに狭いので、ないと思っていた方が無難です。また、フロントシート人によっては小さいと感じるかもえません。
218IMG_1757_R.jpg

まったく興味のなかった218アクティブツアラーでしたが、走り方によっては十分活発に走れ、ファミリーユースからお父さんのストレス解消までこれ1台で何とかこなせる車でした。3気筒エンジンも実用上問題なしですが、では楽しみかというとそんなはずもなく、欲しいかと言われたらそんな事はないというのが結論でした。ただ、BMWのFF技術にはもう少し注目していきたいと思い、次は重いディーゼルを乗せた218dや凝った走行メカを持つNew1シリーズに是非とも乗ってみたいと思っています。

帰宅後今日も16輪生活。
BANCIMG_1774_R.jpg


   
にほんブログ村




スポンサーサイト



Posted by常吉

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply


にほんブログ村