FC2ブログ

お勧めボディーカバー

常吉

昨年の7月にZ4用のボディーカバーを購入し約半年使用した結果非常によくできた商品だったのでご紹介します。

我が家のメインカー2台はカーポート駐車のため、花粉飛散の時期や嵐の日などを除けば汚れ防止のニーズはあまり感じていませんでした。
CRDSCN2681_R.jpg

にも拘わらずボディーカバーを購入したのは紫外線によるヘッドライトカバー、樹脂モール類および内装の劣化防止が目的でした。

ボディーカバーというと脱着時や風で煽られた時にボディーの塗装に擦り傷を付けることが気になるので、内側に起毛の不織布を配したこのCOVERITEを購入してみました。
CRDSCN2687_R.jpg

車種専用設計なのでホイールまで覆いながらも地面には着かないジャストサイズ。
CRDSCN2689_R.jpg

発売元による謳い文句は
・ 5層構造&裏起毛付き(塗装面に優しいボディカバー)防水加工
・ 通気性抜群!(速乾性&ボディカバー内部の湿気・熱気も逃がします)
・ 紫外線防止対策(お車の塗装面・インテリアの日焼け防止に効果的!)
・ カバーライト社製 PRESTIGE(プレステージ)最高級の品質!)
です。

滑らかな裏起毛付きですから脱着時に擦れて傷が付くような感じは全く受けません。(ただし、Z4は擦過が目立たないソリッドのホワイト系塗装です。ブラックやメタリックなどの繊細な塗装の場合は分かりません。)
また生地自体に重みがあり、一枚布に比べれば多少の剛性があるため少々の風が吹いてもバタつくようなことはありません。なのでこの半年の使用に於いて擦り傷が気になることは全くありませんでした。一般的な一枚布のボディーカバーとは完全に別物です。

カバーの先端・後端部に縫い付けられたゴム部をバンパー下部に引っ掛けることにより、強風に煽られた場合もボディーから外れて飛んでいくことを防いでいます。

加えてバタつきや外れ防止のためにボディーに固定するベルトが前後に2本付いていますが、上に書いた理由により普段は必要性を感じないため強風が予想される日以外は使っていませんが、これで締め上げればかなりの強風でもバタつきは相当軽減されそうです。(輪ゴムはストラップをボディー下を通して持って来る時の工夫です。)
CRDSCN2685_R.jpg

脱着時にこのバックルやストラップが車を傷つけることがないようこれらを収納する内部ポケットが付いている考えられた構造。

欠点は畳んでもかなり大きいこと。私は車を使う時には室内へ運び入れていますが、トランクに収納した場合は相当部分をこれに占められてしまうので現実的でないと思われます。自宅から離れた駐車場で使う場合は一旦家に持ち帰ることになりそうです。

もともとは紫外線対策として購入したこの商品でしたが、カーポート内に吹き込む雨や埃・ゴミによる汚れ防止効果も絶大でした。楽しみだった洗車回数が大幅に減ってしまいました。カーポートの下なのでシビアな状況での防水性は確認できないのですが、一時猫にマーキングされる事が続いた時はそれを水で洗い流しても内部に水が侵入することはありませんでした。

価格は1万円強。ヘッドライトコーティングの2回分の費用(外注)でこれだけ車が守られるのですから安いものです。今年の花粉のシーズンが楽しみです。


   
にほんブログ村



スポンサーサイト



Posted by常吉

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply


にほんブログ村