FC2ブログ

残価設定マイカーローンの本質

常吉

少し前ですが、CIVICハッチバックの試乗に行ってきました。
でも私の感性は既にZ4が基準になってしまっているので感動はありませんでした。困ったものです。

セールスの方が熱心に残価設定クレジット(残クレ)を勧めるので見積もりをしてもらうと…
乗り出し価格約343万円(本体約280万、付属品約38万、諸費用約25万)に対して頭金を50万円入れたとすると、3年後の残価(引き取り価格)が約132万なので、それらを差し引いた月々の支払いはたったの5万円ちょっと…。

これなら心を動かされちゃう人は多いでしょうね。私も一瞬…

残クレについてはネットにいろいろメリットデメリットが書かれていますがあれこれ枝葉が多すぎで本質が見えにくいです。
残クレの本質はローン終了後の下取り価格を設定残価として初めから保証していること。CIVICの例で言えば走行距離や車の損傷などの約束事さえ守っていれば3年後の中古市場価格がどうあれ132万円で引き取りますよ、そして支払いはそれを差し引いた額を分割で、ということ。本質はそれだけです。

なのでフルローンとの損得勘定は(後で述べる金利の違いを別にすれば)、設定残価と3年後の市場での中古買取価格(または下取り価格)のどちらが高いかで決まります。設定残価の方が高ければ残クレが得、実勢中古車買い取り価格が高ければフルローンの方が得になります。一般的に残クレの3年後の残価は50%前後に設定されているようなので、3年後の値落ちが激しい輸入車や不人気セダンなどは残クレが有利かもしれませんし、市場買取価格が高いSUV系などは損になる可能性も十分考えられそうです。

残価設定率が55%だから有利とか30%だから不利とか考えるのは浅はかです。それは月々の支払いのし易さであって、フルローンとの損得勘定はあくまで3年後の市場買い取り額との差額を考えなければなりません。

また、走行距離が多かったり車に傷があったりすると設定通りの残価で引き取ってもらえないことが残クレのデメリットとして挙げられていますが、それはフルローンで購入して3年後に中古市場に買取(あるいは下取り)に出す場合も同じ事なので、両者の違いにはなりません。残クレに対する誤解を避けるための注意にすぎません。

また大事な金利ですが、残クレは月々の支払いを抑えているので(つまり残債が多いので)、仮に名目金利が同じであっても金利の支払い総額はフルローンよりも高くなります。(設定残価にも金利は掛かっています。)

結論)
1.残クレの本質はローン終了時の買い取り額保証。
  金利を別に考えればフルローンとの損得は設定残価と中古車買い取り実勢価格の差で決まる。
2.例え名目金利が同じであっても、支払金利総額は残クレの方が高い。

一瞬目がくらみましたが、もしも私が車をローンで買うならば銀行マイカーローン(フルローン)を借りて、不要になった時点でオートオークションで売り払います。



   
にほんブログ村



スポンサーサイト
Posted by常吉

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply


にほんブログ村